妊婦だから仕方ない?妊娠中の恥骨痛は和らぎます/日本橋マタニティマッサージ

妊娠中の恥骨痛。妊婦だから我慢するしかない?

歩いている時、寝起き、動いた瞬間にズキッとくる恥骨の痛み、辛いですね。

出産の準備で「リラクシン」というホルモンの分泌が高まりますが、このリラクシンは筋肉の靭帯を緩め赤ちゃんがスムーズに産まれるようにするホルモンです。妊娠後期は近づく出産に備えどんどんリラクシンの分泌が高まります。

そしてリラクシンがクセモノ。靭帯は全身の筋肉に備わっているので、全身がゆる~っと緩みます。これは妊娠中の自然な反応ですが緩み方にアンバランスが起こると、痛みや膨張感、火照ってむくむ、なんか熱いという不快な状態になります。

妊娠中の辛い恥骨痛を和らげるためには

元々骨盤の左右の差、前傾(前に倒れてる)、後傾(後ろに倒れてる)、ねじれがあるなど「歪み」があるとアンバランスに緩みやすく不快な痛みが起こりやすいです。

また筋肉が少ない痩せ型の方や筋肉が柔らかい方は関節を支える力が弱いので不調がでやすいです。

・体を冷やさない

体が冷えていると筋肉に硬直が起こり骨盤の歪みが固まった状態になります。動きで筋肉が引っ張られ痛みが起こりやすくなります。お風呂で温まる、足浴をする、インナーを工夫して温かくするなどを習慣にしましょう。

・腰痛ベルトを使用する

たくさん歩く、長時間同じ姿勢が続く場合、股関節をたくさん動かす、股関節に重みの負担がかかるため恥骨痛が起こりやすいです。また睡眠中はお腹の重みで体が傾き骨盤にズレが起こりやすいのでベルトを着用すると負担が軽くなり予防にもなります。

・無理な運動を避ける

痛みを我慢してまでする運動は恥骨痛を悪化させます。痛いときは無理をせずに運動したい場合は動かせる範囲で軽いストレッチなどが良いです。

・疲れをためない、過度なストレスは痛みの原因に

疲れがたまり過ぎてストレスでいっぱいになるとアドレナリンという興奮神経が活発になりアドレナリンがマックス出てるときは痛みを感じにくく、落ち着いた頃に痛みを感じやすくなります。疲れを感じたら早めに寝る、ゆっくり過ごすなどして労わりましょう。

・股関節や太ももをセルフマッサージ

恥骨とつながる股関節、支える太ももの筋肉をセルフマッサージしましょう。痛みが強い場合はオイルで流すようにすると強張りが緩み、循環が良くなるので痛みが和らぎます。

妊娠中の恥骨痛は妊婦だから我慢するしかないとあきらめないでください。

痛みと共存するマタニティライフは辛いです。

体は正直で労わると必ず応えてくれるのでお腹の赤ちゃんと穏やかにお過ごしください。

痛みのない快適なマタニティライフをお過ごしください!!

Share this...
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter

コージーセンツ
東京のアロマテラピー・マタニティマッサージサロン

Access: 東京都中央区日本橋1丁目

03-6909-2732 営業時間 10:00 - 21:00(最終受付19:00)

© 2019 東京のアロマセラピーサロン コージーセンツ All Rights Reserved.