妊娠中の股関節痛 あなたは妊娠生活でこんな間違いをしていませんか?

妊娠後期の辛いトラブルの一つに股関節痛があります。この股関節痛は圧倒的に出産が近づいている方に多いのも特徴ですね!

 

・お腹の赤ちゃんが大きくなり圧迫による負担が大きくなり痛みがでる場合

・靭帯を緩める「リラクシン」というホルモン分泌が増え恥骨周辺の結合組織が緩みズレを生じて痛む場合

・元々恥骨関節が出っ張っていてお腹の大きさが増した為に圧迫され痛む場合

・骨盤の左右差があり左右均等に緩んでいない場合、強張りが強い側が引っ張られて痛む場合

など、恥骨痛といってもその方により痛む場所が微妙に違っていたり痛みの度合いや痛む場合の動作や姿勢なども様々です。

 

サロンにお越しいただくお客様も出産が近づく週数に入られると急に痛みがでてつらい!とご相談くださる方も多い。ですね。

たくさんの妊娠中のお客様のケアをさせていただき、統計的にみてこの辛い「股関節痛」を全くゼロにするのは難しいというのはありますが楽にする方法はたくさんありますのでご紹介しますね。

 

 

サロンのマタニティマッサージでは、股関節痛を訴えられる方の100%のお客様は骨盤周り、腰、背中、脚の筋肉の張り、緊張が強いのでまず筋肉の緊張をとり引っ張ったり突っ張ったりしている状態を柔らかくします。

そうすることで、恥骨への負担が軽くなります。

その他、日常の動作でどのタイミングで痛みがでるのかをお聞きして日常の動作での注意点をアドバイスさせていただきます。

 

一般的には

①左右の脚はズレた状態で開きっぱなしにすると歪みが増し痛みが起こりやすいので脚を開いた状態で長時間過ごさない

②脚と脚の間にクッションなどを入れ、左右均等な開き具合をつくり寝る

③座る時はふかふかのクッションよりは適度な硬さがあるほうが骨盤が沈まないのでクッションの硬さに注意する

④座る時は膝を開かずつけるようにする・長時間同じ姿勢で座り続けない

⑤床に座る時は横座りを避け、脚を伸ばした状態かあぐらが痛くなければあぐらの姿勢で座る・脚を組まない

⑥痛みのある動作を無理して続けない、避ける・骨盤ベルトで補強し骨盤を固定してズレを防ぐ

などが痛みを悪化させないポイントです。

 

 

 

股関節が痛すぎて、歩くときに力が入らないなど不安になられる方もいらっしゃいますが、ベルトをつけ固定をしたり上記の注意ポイントをされてご出産まで痛みを悪化させないように過ごしましょう。

 

 

コージーセンツのマタニティマッサージでは辛い恥骨痛の緩和と日常生活で気をつけるポイントをアドバイスさせていただいています。出

産が近づき、ストレスや痛み、不安を軽くして当日を迎えていただけますように精一杯お手伝いさせていただきます!

 

◇コージーセンツのマタニティマッサージとは?◇

◇妊婦さんの困ったを助けるマタニティマッサージの知識◇

◇マタニティマッサージの注意点◇

◇ご予約・お問い合わせページ◇

 

LINEのお友達登録で

実際にサロンに来店された妊婦さん8000人を超える方からのご相談を集めた

「妊婦さんの困った!を助ける14の方法」をプレゼント♪

↓↓↓↓↓↓↓↓

友だち追加

 

 

Share this...
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter

コージーセンツ
東京のアロマテラピー・マタニティマッサージサロン

Access: 東京都中央区日本橋1丁目

03-6909-2732 営業時間 10:00 - 21:00(最終受付19:00)

© 2019 東京のアロマセラピーサロン コージーセンツ All Rights Reserved.