辛い疲労の回復に!東京日本橋のアロママッサージ

秋の疲れ〜食欲の秋と疲労の関係

朝晩は肌寒く空気の乾燥も感じる秋本番のこの頃ですね!

「食欲の秋」ともいわれるこの時期ですが、涼しくなり食欲がでてきた、食べたくてしょうがない!そんな方も多いのではないでしょうか?

そして疲れがなかなかとれない、寝ても回復しない、食べても元気にならない。そんな方は胃腸の不調と疲れが関係しているかもしれません。

 

食欲の秋に実は胃腸が疲れているというのは不思議な感じですが、ついつい食べ過ぎてしまうのは胃腸の調子がいいのではなく実際には胃腸の働きが鈍っているからなんです!

 

これは骨盤の動きに関係がありますが、人の骨盤も春夏秋冬の季節によって変化をします。

初秋から秋真っただ中までは5本ある腰椎のうちの2番目3番目が硬くなりくっついて動きが悪くなりやすいのです。

この腰の傾向は夏の身体から引き継いでいます。夏は暑さで冷たいものをたくさん摂り胃腸の働きが鈍り肋骨から骨盤にかけてねじれが起こりみぞおちも硬くなります。そして食欲は減退する。

秋になると夏に硬くなってねじれた肋骨や骨盤を緩めようとします。その時に胃腸に関わる腰椎2,3番目(背中の肋骨の一番下から指2,3本あたり下の箇所)は硬くなっているので、食べることによって胃の動きがよくなり気持ちよく感じるのですぐに食べたくなるのです。

 

そういう場合、自分の意志で食欲を抑えようと思ってもなかなかできない。胃の働きは元気で活発になって初めて正常な食欲に抑えることができるからです。

また腰椎2、3番目が硬くなると腎臓に熱がこもりやすくなるため秋のアレルギー症状がでやすいです。

 

サロンのお客様の中にも、咳が続いている、鼻がグシュグシュと風邪なのか秋の花粉なのかわからない・・という方がこの時期いらっしゃいます。

お話を詳しくお聞きすると大抵の方は胃腸の不調も抱えていらっしゃいます。

食べたくてしょうがない、そして疲れている、食べ過ぎてその後は食欲減退、そして疲れている。アレルギーの症状が出ていて疲れがとれない。

このように回復しない疲れがいつまでも続いている場合は、この骨盤のねじれを戻してあけると食欲が落ち着き疲労の回復力が上がります。秋のアレルギー症状も腰椎2、3番目を緩めてあげると楽になります

 

ご自身でできるセルフケアのポイント

熱がこもっている状態なので温めて熱を発散させることが大切。お腹と腰に「湯たんぽ」や「ホットタオル」を当てジワーっと汗を掻くまで温めてみてください。リラックスもできて眠くなる方もいらっしゃるでしょう。

そしてどんな疲れにも大切なのが「睡眠」睡眠不足をしていては何かいいことをしても疲労回復は難しいです。

疲れがとれない時は早めにぐっすり眠る、これも早期回復には欠かせません。

 

 

コージーセンツのサロンのケアとしては腰椎2,3番の緊張を緩めて骨盤の調整をした後にアロママッサージを行います。

特に腰椎2,3番とお腹の施術は念入りに行い骨盤のねじれを回復させ動きをよくしていきます。

 

秋の疲労回復におすすめのアロマ(胃腸の調子を整えこもった熱を発散させる精油)

・オレンジ・スイート 消化促進 腹痛 悪心嘔吐 便秘 過敏性腸症候群 消化器系のエレルギーの滞りなどのケア

・マジョラム・スイート 冷えによる便秘・下痢・胃腸障害の緩和 筋肉の鎮痛。痙攣 咳・ぜんそくなどのケア

・レモングラス 水溶性ビタミンAをたくさん含むので血液、リンパ液の循環促進 肩こり、腰痛、筋肉痛の鎮痛

消化不良・食欲不振・過敏性腸症候群のケア

 

・フェンネル・スイート 胃腸のエネルギーの流れをスムーズにする 吐き気・便秘 むくみ・セルライトケア

・ジンジャー 消化促進・消化不良のケア 血行促進 冷え 関節痛 疲労回復

・ブラック・ペッパー 腹痛・吐き気・お腹の張りをとる 腰痛・肩こり 消化促進 冷えケア 発汗を促す

 

なかなかとれない辛い疲れでお困りの方は骨盤のねじれの調整とお客様の症状に合わせた精油をその場でブレンドさせていただきアロママッサージで全身の疲労回復力を高めるお手伝いをさせていただきます。

お客様の辛い箇所、レベルに合わせた施術をさせていただきますのでお気軽にお悩みをご相談くださいませ!。

東京・日本橋のアロママッサージ

 

 

 

コージーセンツ
東京のアロマテラピー・マタニティマッサージサロン

Access: 東京都中央区日本橋1丁目

03-6909-2732 営業時間 10:00 - 21:00(最終受付19:00)

© 2018 東京のコージーセンツ All Rights Reserved.