Q10 こんな場所が痛いなんて人に言えないです。恥骨痛って妊娠するとありがちなんですか?

Q10

こんな場所が痛いなんて人に言えないです。恥骨痛って妊娠するとありがちなんですか?

 

A10

妊娠中の恥骨痛、ありがちです。妊娠前はあまり知らなかった痛みでびっくりしますよね。

特に急激にお腹が大きくなる後期に入ると恥骨痛がつらいという方が増えますね。

靭帯を緩める「リラクシン」というホルモンの分泌が出産に備えて高まるのですが、恥骨周辺の関節の結合組織(つなぎめ)が緩んでくるので歩いたり動いたりするとズレて痛みが起こります。

その他、元々恥骨が出っ張っている方の場合、お腹が大きくなった分圧迫が強くなり負担をかけるので痛みが起こりやすいです。

また、骨盤の左右の歪みがある方は、左右が均一に緩まないこともあり引っ張られて痛みが起こることもあります。

 

恥骨痛が起きているほとんどの方は、腰、背中、脚の筋肉もパンパンに張っていることが多いです。

 

サロンのケアでは、恥骨痛を和らげるためにその他の部位の筋肉の緊張をほぐすことを行います。むしろそちらを丁寧に時間をかけています。

骨盤の左右の歪みがなくなると恥骨痛がおさまる方もいらっしゃいます。

 

 

◉恥骨痛を和らげるポイント◉

① 左右の脚をずらした状態で開いていると恥骨痛が起こりやすいです。脚を開いた状態で長時間過ごすことは避けましょう。

② 寝る姿勢は脚と脚の間にクッションを入れてなるべく左右の脚をずらさないように、均等なポジションをつくりましょう。

③ 座るときはふかふかの柔らかいクッションより適度な固さのあるタイプがおすすめです。それは骨盤が沈まないので恥骨のズレを防ぐことができます。

④ 座る姿勢は脚を開かないように、膝と膝をくっつけるようにしてください。

⑤ 床や畳に座る場合は、前に脚をまっすぐ伸ばして座ってください。横座りや脚を組まないようにしましょう。

⑥ 恥骨痛が起こる姿勢をがんばって続けないようにしましょう。骨盤をベルトで固定して恥骨のズレをつくらないようにしましょう。

 

 

LINEのお友達登録でお気軽に妊娠中のお悩みを受付中です!キャリア21年のセラピストが本気で答えます!!

LINE登録で実際にサロンに来店された8000人以上の妊婦さんのよくある14の悩みを集めた

あなたはどれを改善したい?「妊婦さんの困った!を助ける14の方法」をプレゼント♪

↓↓↓↓↓↓↓↓

友だち追加

◇コージーセンツのマタニティマッサージとは?◇

◇妊婦さんの困ったを助けるマタニティマッサージの知識◇

◇マタニティマッサージの注意点◇

◇ご予約・お問い合わせページ◇

Share this...
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter

コージーセンツ
東京のアロマテラピー・マタニティマッサージサロン

Access: 東京都中央区日本橋1丁目

03-6909-2732 営業時間 10:00 - 21:00(最終受付19:00)

© 2019 東京のアロマセラピーサロン コージーセンツ All Rights Reserved.