臨月のマタニティマッサージで安産のサポート

臨月のマタニティマッサージで安産のサポート

妊娠中のお客様よりマタニティマッサージはいつまで受けられますか?というご質問を
よくいただきます。
臨月、38週、39週のお客様にもたくさんお越しいただいています。
産科さんの検診でまだ子宮口が開いていない、まだ兆候がみられないなどの
診察を受けられたお客様が多いです。

マタニティマッサージを受けられることにより
・リラックスしていただける
・血流がよくなる
・循環がよくなる
・辛いトラブル・・・むくみ 腰痛・恥骨痛・仙骨痛・股関節痛 不眠 肩こり 胃の不快感 圧迫感 背中の張り 頭痛 こむら返り など様々なトラブルを緩和することができます。

ご予定日が近づいてくると、不安になってストレスが強くかかったりしますよね。
ストレスで余計に子宮口が開かなかったり、体も硬くなったり、不眠など 悪循環になってしまいます。

安産のポイントは妊娠中にうまく体を緩めること!です!
骨盤、肩甲骨、頭蓋骨は女性の体の場合は連動しています。
出産に向けて骨盤が開いていきますが、同時に肩甲骨、頭蓋骨も緩んで開いていくのが
ベストです。

コージーセンツのマタニティマッサージは全身のケアで整体とお客様のコンディションに合う
オーガニックアロマオイル使用のアロママッサージでケアいたします。

骨盤、肩甲骨、頭蓋骨の状態も必ずチェックさせていただき
強張りや歪みを整えて緩めていきます。
また緊張がとれるので、不眠続きだった方もよく眠れたというご感想をいただきます。

生産期の出産のサポートになるアロマというのもあります。
ジャスミン・・・陣痛促進
クラリセージ・・・エストロゲンのサポート
ローズ・・・子宮収縮
クローブ・・・陣痛の痛みの鎮痛 麻酔作用

ローズクラリセージジャスミン(ブログ).jpg



出産に最も適した時期の生産期(37週から41週)までの時期の使用がおすすめです。
それまでは使用は控えさせていただいています。

ご体調やご希望をお伺いしながら使用アロマをご提案させていただいています。

ご出産を目前にされ、体調不良や不安でいっぱいな方
マタニティマッサージを受けたいけど断られるのでは?とご躊躇されている方

精一杯サポートさせていただきますので
ご遠慮なくぜひお待ちしております。



ページ一覧
ページの先頭へ